仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

2016年最後の言葉〝慈しみを想う〟

12月30日――2016年最後の言葉として

【最古の原始仏典スッタニパータより】

慈しみを想う 

人生の目的をよく知る人が、
この安らぎの場所でなすべきことは、
次の通りです。

幸福に役立つ心の能力を保ち、
動じることなく、
人生の目的から逸れず、

言葉はやさしさに満ち、
心しなやかであり、
思いあがることのないように。

足ることを知り、
人に負担をかけず、

余計な物事を減らし、
簡素に暮らし、
体の感覚を穏やかに保ち、

物分りよく(素直であり)、
高ぶることなく、
人に求めすぎないように。

賢者たちが非難するような過ちを犯さないように。

生きとし生けるものが、

幸福であるように、

災いのないように、

安らかであるように。

いかなる生命であっても――

か弱きものも、
強きものも、
長きものも、

大きなものも、
中ほどのものも、
短いものも、

微小なものも、
巨大なものも、

目に見える命も、
見えない命も、

遠くに住む命も、
近くに住む命も、

すでに生まれた命も、
これから生まれようとする新しい命も、

生きとし生けるものは、
みな
幸せであるように。

どんなときも、
ひとを欺かないように。
軽んじないように。

悪意や怒りの思いで
苦しめ合うことのないように。

母親が、わがひとり子を命を尽くして守るように、

すべての生きとし生けるものに、

限りなき慈しみの心を向けるように。

上にも、下にも、横にも、
恨みや敵意といった
遮る思いのない、

開かれた心であるように。

立っている時も、
歩いている時も、
座っている時も、
横たわっている時も、

目覚めている間は、

この慈しみの心をしっかりと保つように。

これ以上の、
崇高な境地(心の持ちかた)はありません。

このように努めて、
誤ったものの見方に囚われず、
戒め・つつしみを保ち、

正しい理解につとめて、
求めるがゆえの不満から解き放たれた人は、

二度と
この命に
苦しみを宿らせることはありません。


――人生の・関わりの方向性をたしかめること。

その方向性にてらして、心の〝仕切り直し〟に努めること
(外れていないか、真逆の思いに執われていなかったか)。

ひとが静寂の中でなすべきことといえば、

正しい心がけに還ること。

あなたにとって、
新年が、よき一年でありますように。

草薙龍瞬祈念合掌
 
 
 

2016年お便り特集


12月25日
こんにちは、草薙龍瞬です。

昨日24日までのクリスマス特別期間(神楽坂も東武も東急も朝日カルチャーも)をもって、2016年の全講座が、終了いたしました。

今年は、法事も、個人相談も、夏の全国行脚も、その他の講演や勉強会も、さまざまな機会をいただきました。どれも、以前には想像つかなかった出会いがありました。「確実に前に進んだ」という方々とも、今年はたくさん出会うことができました(ここは『反応しない練習』ほか今年の本のおかげです。)

出会いそのものが可能性であり、そこで誰かが前に進めることも可能性。私がいちばん大事にしたいのは、その「よき可能性」です。その可能性だけをめざして、来年も精進することになるでしょう。

妥協はキライ(笑)。遊びもキライ(笑)。できることは、確実にもっとある。

だから、何を心がけるべきか――新年の抱負は何か――といわれたら、「緻密に」ということになると思います。可能性を広げたければ、「広く追いかける」というより、
「ていねいに、緻密に、正確に、ムダなく」ということになります。

これこそ、ブディズム的な成功の秘訣?です。(お参りに行ったら「緻密に」お参りするところからスタートしましょう(笑))

+++++++++++++++
◎おたより特集――今年送ってくれたお便り・感想から、最近のものをピックアップ。

○「今年は私にとって人生で2番目か3番目にたいへんな年でした。途方にくれて、でもとにかくできることをしながら、今日一日を生きていたような年でした。
先日○○美術館に行きましたら、アトリエに小さな額が。

善応諸方所(もろもろのこんなんに そうぐうしたとき もっともよきこたへがでる)

6月頃、反応しすぎなんだなーと気づいたら、目の前に『反応しない練習』が――こんどはこの言葉。びっくりしました。とてもうれしかったです。

というわけで、結局今年は忘れられない幸せな年になって暮れてゆきます。
人生は素敵です。ありがとうございました。」

○「神楽坂の教室、すごいですね。たくさんの人が集って、いろんな不安や苦しみを率直に話して・・・。
それだけ、自身が生きる道を探っておられるんだなと改めて感じ入りました。
その学びの場所が、神楽坂にはあるのだと、あたたかい気持ちになりました。

ブッダはすごいですね。
想像つかないほどの時代が流れているのに、現代に生きる私たちが生きる大切なことを教えて下さってる。
もちろん、直接はお聞きできないとしても、その間を取り持ってくださっている先生に感謝です。」

○「本日、座禅講座と仏教講座初めて参加させていただきました。
特に座禅は、今まで自分が行っていた瞑想方法がただの妄想でしかなく、
今回指導していただいて初めて、クリアな自分の心に集中してる感覚を味わうことができました。

私が実践していた瞑想法も、日頃の心の正しいあり方・使い方も、
すべて「真逆」だった事に気付くことができました。
全力で苦の方向に盲進してました…(恥)

今年一年、とても生きるのが辛くて暗中模索状態だったのですが、
そんな年の暮れに出会うことができて、本当に救われました。
これからも著書熟読させていただきます。今日はとても清々しい気持ちになれました。」

○「去年年末、自分にとって不快と思える状況があってモヤモヤグルグル闇路迷路で、どーすりゃ良いかわからず
今年正月2日、京都駅三省堂で“反応”に出会って新幹線で読んで

P31の“(ほんとに、それが一体何だというのでしょう)。”これにやられた!!!!

もう後ろから頭ブッたたかれてイメージとして入歯飛ぶみたいに、頭から雑念ぶっ飛びましたよ。関ヶ原のあたりで。犯人は承認欲か。慢か。ミツナリめぇ・・

あまりの衝撃で何度もその言葉繰り返して、放心状態でそれ以上暫く読み進められなかった。

で不安や妄想、欲はその後も頭をもたげて悩みは続き、その都度、反応読んだり、家族、修行と次々繰り出す先生の本はむさぼるように読んで

赤城生涯学習センターの前に4月2日、たちました。で、あまりの古さと昭和感、変な宗教だったらドーシヨーってもたげる妄想

で、やっぱ逃げるように神楽坂を飯田橋駅に向けて下りだしたら、咲いた桜が言うんだよ、「できることやんないのは、負け犬だ!って、それでいいのかっ!て」

で、春の生暖かき空気かき分け坂登って、戻ってB室。以下正解、大正解! 本や先生との出会いなければ、今、いなかったかも、私・・・。」

○イライラカリカリしたり、自慢したくなったり、こうでなければいけないと縛りつけたり、心はいつも忙しいけど、心はもともとそういうものだと理解して、感情の波に飲み込まれないように注意し続けること、心の反応や思考の繰り返しをとめるには感覚に注意を向けること。常に気づいていることは難しいけれど、マインドフルネスでいることが少しずつわかってきました。

1年前と比べると心の状態がとてもよくなったと思います。心の使い方の方向性が見えたというのは、こういうことなのかなと思いました。
来年も心の状態に気づきながら日々生活していきたいと思います(^^)。」


――みなさん、おたより・ご質問ありがとうございました。
 
ということで、2016年もいよいよ幕を閉じようとしています。いい機会なので、心機一転、手放せるものは手放して、新しい心がけで新年をスタートいたしましょう!

よき年越しを!
草薙龍瞬


仙台でクリスマス前夜祭?

12月13・14日 

◇16日午後7時の仏教講座(神楽坂)/◇22日午後2時の巣鴨/◇23日午後1時の坐禅会・午後6時の仏教講座/◇24日午後6時の仏教講座(23・24日はクリスマス&年納めスペシャル)――をもって、年内の講座は終了! その後は怒涛&沈黙の執筆行に突入します(はよ書き上げねば)。みなさん、よき年の瀬を!
○13日午後に、仙台到着。駅を出ると、凛と引き締まった冷気。仙台の人たちは、この空気を吸って暮らしているんだと思ってちょっと旅気分。

夏に出会ったHさんと再会。彼は、課題を抱えた十代・二十代の教育相談に長年携わっている。その彼がDJを務める地元FM局・FM太白【たいはく】のラジオ番組に、私を呼んでくださった。

この番組収録が、けっこう楽しく、かなり〝ゆるかった〟。何がゆるかったかといえば、まず収録場所がスープカレー屋さんだったこと。本日は休日とかで、お寿司の出前をいただいた(ここからゆるかった?)。

番組内のトークは、DJのHさんと、話し相手役をつとめる番組ディレクターNさんと、もうひとりの男性Hさん――共通するのは、悩み・問題を抱えた青年たちの相談相手を日頃務めていること。かなり真面目に教育の現場に携わっている人たち――との三人で進む。今回のゲストが私。世代も近いし、おそらく人間的に近い部分があるためだろうが、日頃とは違うカジュアルモードで楽しくおしゃべり(してしまった)。

この番組のゆるさを象徴していたのが、まとめ録りの4回目――私はすでにいない前提――のときに、3人のおじさんたちがおしゃべりしていて、「実は、草薙龍瞬さんも目の前にいるんですけどね~」と、ディレクターNさんがバラしてしまったこと(ええええええ~~~!?)。彼のことは、Hさんから事前に「真面目なノリを崩してしまう人」と聞いてはいたが、まさかここまで崩してしまうとは……。

「すみません、また草薙龍瞬ですぅ」とひとことだけ参加。で曲紹介へ(ゆるすぎる)。

今回は、『反応しない練習』KADOKAWAで出てきた、代々木公園の暴れホームレス男性の「その後」の話とか、上京した最初は神宮外苑をロッキーばりに朝ジョギングして牛乳パックを飲み干し、ひとりで勉強するぞと意気込んで図書館に通い始めたが、参考書の第一章で挫折して、フラフラと夜空の明るい方角に足を運んで、歌舞伎町にさまよいこみ、ダークサイドに落ちた頃の話とか、ふだんは語らないエピソードを、ゆるすぎる番組の雰囲気に任せてけっこう話してしまった(「なんだか、重大な戒律違反を犯した気分ですぅ(笑)」)。

興味のある方は、FM太白で毎週火曜午後2時半からやっている「自由学校に行こう!」を、12月20日、1月3日(その後も1月中は収録した話をオンエアする予定みたいです)と、聞いてみてください。

翌14日の午後は、地元の人たち――ふだんメールでやりとりしている人や、今年夏の全国行脚でめぐりあった人たち――とお茶会。ここ仙台は、人と人とが自然につながっている感じがする。今回のラジオ収録で出会ったお三人も、ふだんから仲いい友だちみたいだし、お茶会に来た人たちも、日頃つきあいのある人同士で、声かけあってきてくれた人たちがいた。

こうして出会えるのは、ブディズムをまじめに求め、学ぼうとしている、動機で通じ合っている人たち。これが楽しく、あたたかい。嬉しいつながりである。

帰り際にアルクというビルの展望階にみなで登った。窓をふちどるイルミネーションの向こうに、仙台の夜景が見える。ちょっとしたクリスマス前夜の趣。今回めぐりあえた仙台の人たちみんなに、心からありがとうである。

新幹線で帰京。2時間弱でついてしまう距離なのだが、ずいぶん遠い世界から旅して戻った気がする。あの街にも多くの人たちが(まだ見知らぬ人も、もう縁さずかっている人も)、そして仏教を求めている人たちが、生きている。旅情あふれる、暖かい二日間となりました。

よき年の瀬を。