仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

草薙龍瞬・夏の全国行脚、いざスタート!!

今年もやります、日本全国行脚♪

こんにちは、草薙龍瞬です。

いよいよ、今年も夏の全国行脚をスタートします!

北は北海道、南は沖縄まで――お声かけていただけるところに、草薙龍瞬がうかがいます。

○仏教に触れたい(講演・勉強会・座禅会など)
○法事をやってほしい
○個人的に相談・聞きたいことがある


などなど、お気軽にご応募ください。場所は問いません!

…………………………

●応募方法

①ご登録

・お名前
・住所
・連絡先 
(電話番号 ※携帯が望ましい。興道の里会員は、お名前のみでOK)
訪問希望日
 (※地域ごとに訪問期間を設定しました。下のスケジュール表を見て、希望日をメールで連絡下さい)

ご応募期間は、全国行脚終了(9月7日)まで。いつでもご連絡下さい(先約優先いたします)。

  ↓

②「場所」を見つける。

※一般向けの講座・勉強会をお世話して下さる方、大歓迎です。公共施設・ご自宅・喫茶店などでもOK。
※内容・タイトルなどは、下記の例をご参考ください。興道の里にもご相談いただけます。
※できる範囲で告知いただければ、幸いです。おひとりでもOKですので、お気軽に。

​●その他


※講座・勉強会などは、参加費無料でかまいません。地元の方が来やすい形をご検討ください。

※車などでの移動の便宜、お宿のご提供なども助けとなりますので、ご無理のない範囲でご協力いただければ幸いです。

※少人数あるいはおひとりでのご連絡も、よろこんで承ります。旅の途中にふらり寄るという感じで足を運びますので、お気軽にご連絡下さい。
 
…………………………

勉強会・講演などの一例 ​(転用可)

◎勉強会&お茶会 真夏の夜に学ぶ「心やすらぐ」原始仏教(喫茶店にて)


「人生はやすらぎへの準備期間」を基本テーマにして、原始仏教のこと、日々の暮らし方のことを参加者とみなさんと語り合う癒しのひととき。お気軽に足をお運びください。

◎法話会「風通しのよい暮らし方~ブッダに学ぶ心をラクにするヒント

◎講演「悩みの原因はただひとつ それは心の反応」(看護学校)

 どんな職場でも、一番の悩みは人間関係。解決の第一歩は、「ココロのルール」を決めること。2500年の歴史を持つ仏教心理学を、スライドを使ってわかりやすく解説。職場で実践すれば、はたらきやすい環境に変わるかも?

◎座禅会「座禅エクササイズと仏教こばなし」(カルチャー)

 ブッダの教えが、現代を生きる私たちの心に沁みこんで、効いていく。●『反応しない練習』の著者・草薙龍瞬が名古屋に登場。「これでいいと納得できる人生のつくりかた」「葬儀・法事の正しいありかた」「不安やストレスをためない、上手な心の使い方」「毎日気軽にできる座禅のやりかた」など、みんなが知りたかった「仏教のすべて」を、聞いて楽しい軽快な語り口でお話します。●幸せが近づく仏教読み物のおまけつき。仏教の智慧を楽しく学んで、今よりもっと快適な生活づくりを始めましょう。

【詳細】◆「快適暮らし」にはコツがある ~心をスッキリさせる仏教的「考え方」入門 ◆お寺の話・葬儀の話 ~先立たれてもなお一緒に生きていく「心のつながり方」 ◆ムダに反応しない練習 ~不安やストレスを洗い流す「自宅でできるプチ座禅」

◎仏教は「上手な生き方&心の使い方」

 心に悩みがなく、幸せに生きる――その方法が「仏教」には詰まっています。講座では、仏教を「心の上手な使いかた」という視点でとらえなおし、今の暮らしの中で幸福をつかむコツを学びます。ブッダが悟りを開いた瞑想法と、仏教の考え方を学ぶミニ講座をあわせて体験。「霧が晴れるように」生き方のヒントが見えてくることでしょう。

などなど。

●個人相談も承っております。①お名前、②携帯番号(臨時連絡先)、③ご希望の場所(○○駅の喫茶店・自宅など/こちらで手配も可能です)、④相談内容(簡単にお知らせください) 

…………………………
 
全国行脚スケジュール案 ​

※期間ごとに訪問地域をまとめましたので、その期間内でまずはご検討ください。

●7月11日~18日 近畿地方

 
7月 11日・12日・13日夜 大阪・個人相談

7月11日14:30 ~ 16:00
岸和田講演「心のお通じ」に抜群の効果!仏教式・お悩みスッキリ解消術 岸和田健老大学 〒596-0076 大阪府岸和田市野田町1丁目12−7 電話: 072-431-1575

7月12日 19:00 ~ 21:00        
NewsPicksアカデミア大阪 実践・仏教式メンタルヘルス - 本町・カーニープレイス館4F 〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6-13 カーニープレイス本町ビ

7月 15日夜 経営者・組織リーダー対象セミナー 大阪【会員制・株式会社フラクル主催】

7月 16日 16:00~  心の出家をめざす会(自由参加の勉強会)岸和田

7月 18日 10:30 ~ 12:00        
名古屋「仏教は暮らしに役立つ「心の使いかた」
〒460-0008 名古屋市中区栄4丁目1番1号 中日ビル4F  中日文化センター


●7月20日~30日 関東

7月 20日 14:00 ~ 16:00        
駒込・仏教を学ぶ~草薙龍瞬と「仏教のすべて」をたどる講座 - 駒込地域文化創造館

7月25日 18:00 ~ 20:30        
座禅と法話のひととき 解説ガイドブックつき - 神楽坂・赤城生涯学習館 和室

7月 30日・31日 西東京(八王子他)


●7月31日~8月10日 東北・北陸・北海道 ※新潟・富山調整中です

●8月11日~16日 四国

8月14日 愛媛・宇和島

●8月17日~22日 九州・沖縄

● 8月 23日~ 関東

●8月27日~9月7日 全国どこでも


8月 28日 17:30 ~ 20:30        
大阪朝日カルチャー『生き方としての仏教』~悩みが消えるブッダの超合理的考え方 - 朝日カルチャー中之島

8月 29日 
10:30 ~ 12:00  名古屋「仏教は暮らしに役立つ「心の使いかた」 中日文化センター
18:00 ~ 20:00   関西生産性本部講演【非公開】

9月 10日 10:00 ~ 11:30/13:30~15:00          
静岡 ストレスにさよなら!仏教式「心の上手な使いかた」
SBS 学苑 遠鉄校 静岡県浜松市中区旭町12−1 /SBS 学苑 パルシェ校 静岡県浜松市中区旭町12−1


――その他、ご相談・お問い合わせは、メールでお寄せ下さい。随時返信いたします。 koudounosato@gmail.com
 

PHPくらしラク~る♪に連載中『ブッダと始める しあわせの作りかた』文・絵 草薙龍瞬 ※9月号=8月10日掲載予定のイラスト。最終版と本文は本誌にて。




心の自由を取り戻すレッスン


さて、前回(メール通信)の「見る景色を変えてみる」の続き。

とある方の感想は、

働き始めると、忙しくて瞑想の時間がとれず(いい訳ですね)、その代わり、職場の近辺で仕事前や昼休みに、歩く瞑想をしようとしましたが、やり方をどうしたらよいのか?

足の裏の感覚に集中…でも、電車の音、料理店からのいい匂い、木々の緑がきれいだなぁとか。それは雑念? 感覚だからいい? ラベリングする?
…どうなのかなぁと思っていました。

雑念がないとは「小さな子供がポカンとしている状態」と講座で言われていましたよね。

うつろいゆく関係性、私なりに感じ取ってリフレッシュしたいです。


二人めは、
>​
「今見ているのは、モノではない。うつろいゆく関係性を見ている」
------------ん    う------------------------ん 観念ではない、因縁。。。関係性・つながり。。。う-------
 
仏教を知る以前の私は、もっと飲みたい、買いたい、欲しいって言う絵の中に、完全に溺れ濡れてどっぷりと、そして疲れて どんより どぼーん としていました。

絵(≒目の前にあるモノへの衝動・反応)こそ私の全てでした。

でも仏教を知れば、その絵に「気づきの額縁」をハメてしまって「欲しがる絵」「怒る絵」「妄想する絵」みたいに、

簡単に額装して括りさえすれば、後はその額縁を簡単に外してしまえば何もない、反応すら短く消え去る無常さ!

って、今では以前と比べて嘘みたいにほとんど溺れず濡れずに楽々爆流の河を渡っちゃっています。。。ホントこんなに楽に渡っちゃって、いいの?っていうぐらいに。。

ただ、ただ、額を外した先に何があるのでしょうか?

ただの白壁? それを見つめる私? それも「白壁」「私」っていう「観念」の額縁を外したら、そこに何が在るの?いや「在る」も「観念」か、じゃぁ??「何?」 「何」、「?」・・・・・・・・

----------------------------------------------------------------------------------------

怖くなってきた!だめだ!寝よう!


 
はい、お答えします(笑)。

額(≒認識の枠組)を外してしまえば、何もありません。すっからかんの空っぽです。

「自分」を作っている煩悩――欲も妄想も怒りも――ナシ。

そのための、ラベリングであり、前回お届けした「関係性を見る」練習です。

うつろいゆく街の景色を、反応せず、判断せず、

「自分が移動すると、どう見えるかな? これは関係性を見ているんだな……」と、

自分を忘れて、光景をありのままに見つめるだけ。

そのときは、自分は消えて、関係性だけが見えてます。外の光景に完全に「自分」が溶けいった状態だといっていいかもしれません。

日の光は、日の光として。うつろいゆく街の景色も、そのままに、ただそこに在る。

でもふだんの「自分」は、もう存在しない。

このとき見えているのは、自分でも、外の何かでもなく、見られているモノと、見ている心との関係性が織りなす、ひとつの現象。

禅の世界では、「無」とか「空」とか「大我」とか「悟り」なる表現で語られます(これらの言葉は、他にいろんな解釈が可能なので、忘れてもらったほうがよいですが)。

「なんにもない。ただ因縁=関係性があるのみ」というのが、正解といえるかも。


でも、それは恐いものではなく。

だって、「自分」から解放されたら、その次にどこに進むかは、完全に自由になります。

過去の自分に戻るもよし。新しい自分をスタートするのもよし。

「さて、どんな働き・役割が可能かな」と思って、やってみる。

自由自在です。自由に自分を創り直せばいい。

つながりの中で、自由にこの命を使う。融通無碍、自由自在、縦横無尽。

過去の苦しい自分は、すでにリセット。

でも、かつての自分のよい部分、経験値、モチベーション、働き、スキルなんかは、そのまま使えばいい。

自由であることをベースにして、その都度、新しい「自分」を創る。

とらわれなし。こだわりなし。自我への執着なし。

そういう心境です。


恐くない。むしろ楽しい。素直。創造的。毎日が新しい――。

こういう自由な心境が、その先にあります。

この心境を、ただの観念(理屈)ととらえてほしくないし、「そんなのムリ」とも片づけてほしくない。

「我」を解体して自由になれる方法というのは、たしかにある。

その方法を活かしてみれば、着実に自由になれる。

自由になれる度合いは、ひとさまざま。でも、「自我」と「自由」の合間を、これまで以上に「自由」のほうへと近づけるのは、たしかでs。

だから、練習すると確実にプラス。

その意味で、「きょとん」とした目で歩きつつ、目の前の光景を、因縁=つながり=関係性として、じっくり見つめる時間は、とても有意義。

やってみてください。自分をリセットする時間。

今が、いい季節です――。